2014年3月30日日曜日

Certificate期限切れの通知が送られてきたら


こんなメールが送られてきたら...
Your iOS Distribution Certificate will expire in 30 days.

  • メール内の"Certificates, Identifiers & Profiles"リンクをクリック
    • またはMember Center > Certificates, Identifiers & Profiles > iOS Apps > Certificates
  • iOS App > Certificatesへ移動
  • +をクリックしてCertificateを追加
    追記:Xcode7のPreferencesでCertificateに"Create"ボタンが表示される。これのクリックで以下の数ステップが実行されるかも...
  • 期限が切れるCertificateを選択してContinue
    • Development > iOS App DevelopmentContinue
    • Deployment > App Store or Ad Hoc Distribution
  •  以前に使用したCertificateSigningRequest.certSigningRequestを保存してあればそれをアップロード、なければキーチェインアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求... で作成してアップロード
  • Certificate ReadyになったらダウンロードダウンロードしたCertificateをダブルクリック
  • Member Centerで更新されたCertificateが追加されていることを確認
  • XcodeのPreferences... > Account > View Details...を開き、左下の丸矢印アイコンクリックで同期
    追記:Xcode7では丸矢印アイコンなし、代わりにDownload Allボタン。Provisioningを更新すると当該項目にDownloadボタンが表示される。
  • 期限切れになるCertificateを使用しているProvisioningを更新
    • Member Center>Certificates, Identifiers & Profiles>
      iOS Apps>Provisioning Profiles
    • 対象Provisioningを選択
    • Edit
    • Certificateを更新後のものに変更
    • Generate
  • XCodeのPreferences... > Account > View Details...で同期
  • 必要なものの期限が全て更新されたことを確認。


0 件のコメント: